料理にすと

食べること作ること大好き!現役★給食のお姉さんの時短料理レシピ

自分を幸せにできるのは自分だけ〜男性に幸せにしてもらう時代は終わった〜

スポンサーリンク

 

『お嬢さんをください。必ず幸せにします!!』

って言葉を男性が女性の両親に言うのが、結婚を認めてもらう時の儀式みたいになってますよね。

私も人生に一度くらいこんなこと言ってもらいたかったなぁ~なんて思いますが…

 

今の時代、結婚は男性が女性を幸せにするものっていう概念自体が崩れてきているように思うのですが、みなさんはどう考えますか?

 

http://farm9.staticflickr.com/8530/8455069752_2f1d0d8212_b.jpg

 

 

男が一家を養えていた

 
一昔前までは、女性の社会進出は今みたいに進んでなかったので、専業主婦として子供を育て家庭を守るのが一般的でしたよね。終身雇用が保証され、男性の稼ぎだけで十分に家計を切り盛りできていたからです。

私の父と母もこのパターンでした。父は大学卒業してからずっと1つの会社で働き、母は子供が産まれてからはしばらく専業主婦でした。
 
男性が女性を幸せにするという概念は男性が女性を養うということに繋がっているんですよね。一生食わせていくという意味でも。
 
 

2人で幸せになりますの時代

 

今の時代、男性の収入だけでは生活が厳しくなってきました。女性もバリバリ働く人が増え、夫婦で協力して家計をやりくりしてる家庭も多いですよね!

 

もう男性が女性を幸せにする時代は終わったのです。

 

結婚の挨拶の時、決意表明で男性が女性の親に頭を下げることは必要だとは思いますが、『必ず幸せにします!』なんて言葉はもう時代に合ってないんですよ!カッコつけの言葉にしかなりません。

 

『2人で協力して幸せになります!』がちょうどいいです☆

 

 

あなたの夢は私の夢は危険

 

私は最初の結婚の時、彼の夢に依存していました。私も仕事はしていましたが、彼の仕事での成功を私の夢にしていたのです。

彼は結婚2年目に独立したのですが、仕事が思うように上手くいかず、すれ違いから彼の浮気で結婚生活は破綻しました。

 

結婚相手の仕事を応援することは大事なことですが、私のように相手の成功で自分が幸せになれると考えるのは危険です!!相手が失敗したら不幸になりますよ。

 

女性も自分の夢を持って生きることが必要なんです★

 

 

自分を幸せにするのは自分です

 

昔から女性は結婚して男性に幸せにしてもらうって考え方が根付いてきましたけど、今は夫婦で協力して2人で幸せになるというというのが主流になってきています。

 

お金持ちと結婚したからって必ず幸せになれるってものでもないですしね。

 

専業主婦だと万が一ご主人が会社をリストラされたら、収入が0になってしまうんですよ!家計が1つだと何かあった時のダメージが大きいですよね。生活できなくなり最悪離婚をしてしまう人もいるでしょう。

 

女性も自分で稼ぐことは大事なことです!自分のためにも家族のためにも。

 

精神面でもご主人に依存するのではなく、自分のやりたいことを見つけいきいきと生きていくべきです!自分の夢を持って★

 

結局のところ自分を幸せにできるのは自分でしかないのだから。

 

 

 

広告を非表示にする